ホーム>籃胎漆器について・経歴>商品のご紹介>製作風景>ご案内地図

工房


竹ヒゴ作り・・・・・・・・・日本製籃胎漆器 rogo

真竹
材料として使う竹は、種類は真竹、地元久留米地域(耳納連山)の真竹。切り取る時期を選ぶ必要がある。年のうち11月から12月に切り取った真竹を使います。

竹の節を使うと竹籠に凹凸が出来るので、基本的に節は使いません。節を切って保管します。節と節の長さは24cmから50cmあります。

竹割り
使いたい竹ヒゴの大きさに応じた幅と長さに、竹を割ります。

ひご

竹ヒゴを取ります。

↑ページ先頭へ

 

竹籠編み・・・・・・・・・・日本製籃胎漆器 rogo

籠編み


作った竹ヒゴを使い、竹籠を編みます。

作りたい物の大きさと形に合わせて、編み方と竹ヒゴを選び考え編んでいきます。

編み井上正信

↑ページ先頭へ

 

素地作り成形・・・・・・・・日本製籃胎漆器 rogo

地作り
籠そのものを固めたり、貼り合わせたり、場合により木に貼り付けて成形します。

目の粗い籠の隙間と縁には、木屎(こくそ)を使い、滑らかに仕上げ下地を作ります。

↑ページ先頭へ

 

地作り錆・・・・・・・・・・日本製籃胎漆器 rogo

錆
籃胎漆器の下地の仕上げは、錆(さび)をブラシですり込むようにし、下地を仕上げます。

使うブラシは、馬の尾毛を使い自前で作ります。

↑ページ先頭へ

 

塗 り・・・・・・・・・・・日本製籃胎漆器 rogo

塗り
仕上げたい色に合わせ、いろんな色を8回ほど塗り重ねていきます。
塗りは、油性漆・ポリウレタン・天然漆等を使用しております。

塗っている漆により同じ品でも価格は変えてお願いしております。

塗り江頭

塗り行程
伝統の茶 塗りの行程色見本

この色に仕上げる場合 黒・朱3回・濃溜・黄褐・溜・淡透 の順に塗り、研ぎ出して仕上げます。

↑ページ先頭へ

 

研ぎ出し・・・・・・・・・・日本製籃胎漆器 rogo

黒研ぎ
塗り上げた品を研ぎ出して、下に塗っている色と籠の模様を研ぎ出します。
どんな色合いと仕上がりにしたいのかによって、塗りも研ぎ出しの方法も変えていきます。

研ぎ出しが終わった後は、淡透漆を塗るか摺り漆をし、完成です。

茶研ぎ

↑ページ先頭へ
 

私達は日本人の自信作をめざします 日本製籃胎漆器rogo

〒830-0045 福岡県 久留米市 小頭町 6-23 井上籃胎漆器株式会社 井上 正道
電話0942-39-5454 FAX0942-39-5455 copyright© InoueRantaiSikki All Rights Reserved.